c

「兵器別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆乗員
<◆◆車輌総記
<◆陸戦兵器 目次
<兵器FAQ目次


(画像掲示板より引用)


 【質問】
 戦車1台の構成員教えていただきたいのですが.

 【回答】
 WW1の菱形戦車Mk.1は8人.
 ルノーFT-17は2人.
 A7Vなら,なんと18人.


 WW2だと3人〜5人.
 戦車長,砲手,操縦手,装填手.
 WW2のドイツ戦車兵だと上記に加えて前方機銃手兼無線手が加わる.
(軽戦車だと戦車長兼砲手,操縦手,無線手の3名だけど)

 小口径砲の時代は砲手が装填手を兼任してたし,車長兼砲手という無茶な国も有った.
 豆戦車じゃない限り,前方車体機銃手(国によっては無線手兼任)が居るのが普通だった.

 戦後の戦車では前方車体機銃は廃止されてるので,4人が標準.
 最近の戦車だと自動装填のため,装填手が廃止されてる場合も有る.

 階級は現代米軍の例だと車長が2等軍曹以上,砲手が3等軍曹,装填手,操縦手は伍長以下.
 普通は操縦手が先任.

 ただし国によっては,大隊長などが乗っていた事例もあり.
 概して砲手,操縦手は下士官,装填手は兵卒が多い.

 WW2の独軍の戦記なぞを読むと,大隊長車には無線手に幕僚が乗ってたりする.
 大隊長車無線手に「無線士官」とかが乗ってる場合があるんだよ.
 乗らない時は本部中隊長の役割をする.

 現代の米軍でも,副長車に前線航空統制官を乗せてるんじゃないか?というような記述があったり,大隊長は指揮所に居るような記述が有ったりする.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 現代の戦車部隊では,どの程度の階級・地位の士官まで,実際に戦車に乗るのでしょうか?

 【回答】
 中隊長,大隊長あたりくらいまで.
 大隊長は一応,自分の車があるけど,人によっては大隊全体の予備扱いかも.
 だから,階級だと中佐くらいまで.

 ちなみに,2003年4月のバグダッド市街地への機甲襲撃のときは,旅団長(大佐)がM113に乗って,車列とともに今のグリーンゾーンまで乗り込んでいる.

 また,サンチェス回顧録にはNTC(仮想敵と旅団級の戦いをする演習場)で旅団長時代,戦闘の指揮をどこで とるべきか悩み,突破口に突入したこともあったとかかれている.

 クルスク戦で大ドイツ師団麾下のパンター戦車を指揮した,フォン・シュトラハヴィッツ伯爵(大佐)は,戦車に乗って戦っている.

 他はSS第12師団長のクルト・マイヤーあたりも,かなり前線に出ていたような話があったと思う.

 日本軍も占守島じゃあ,連隊長が部下を置いて真っ先に突進したとか.

 戦車に乗ったわけじゃないが,朝鮮戦争のときのディーン少将は,バズーカを自分で撃っているし,後には捕虜になっている.

 だから,そこらは指揮官の指揮の執り方次第かもしれない.

 ちなみにフォン・シュトラハヴィッツは,
「単独行動を好み本部からの無線に応えず,指揮が拙劣」
と報告書で批判されてるけど,その報告書を書いた第10戦車旅団長デッカー大佐は,旅団の指揮権を,GD戦車連隊長だったフォン・シュトラハヴィッツ大佐に奪われているんで,内容は彼の腹立ちまみれの告発だったことを考えて読んだほうがいいと思う.

名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE(黄文字)他 in 軍事板,2009/12/11(金)〜12/12(土)
青文字:加筆改修部分

▼ 補足部分に追加情報.
 韓国第一師団長(当時)の白将軍(当時の階級失念:後・大将)は,指揮下の米軍戦車に同乗する形で,平壌一番乗りを目指して進んだかと.
 本人の著作より.
『韓国戦争一千日 白善Y回想録』(ジャパン・ミリタリー・レビュー,昭和63年)
だったかなあ・・・???
(何方か確認を)

bugaisha in FAQ BBS,2010/2/20(土) 21:55
青文字:加筆改修部分

▼ ドモ,ニダー板で白将軍の伝記を書いておりますpcpdがお答えいたします.
 当時准将だった白将軍は,米軍のへニング大佐からタンクデサントをして指揮を執べきだと助言されたところ,なんと将軍は本当にタンクデサントをして指揮を執りました.
 この話は草思社から出てる,「若き将軍の朝鮮戦争」の263ページから266ページのあたりに記載されています.

pcpd in FAQ BBS,2010/3/2(火) 21:48
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 佐官が自ら戦車に乗って戦う事ってありますか?

 【回答】
 大隊長クラスの佐官が戦車に乗って前線に出ることは,ないとは言えない.
 WW2ドイツの場合だが,佐官クラスが乗る「指揮戦車」(無線機を増設した戦車)もちゃんとあった.
 人名を忘れてしまったが,佐官クラスで戦車に乗って前線に出てた人がいたかと.

 ロシアにも,連隊長用や大隊長用(つまり佐官搭乗)の指揮戦車があったりはする.

 あと,戦闘に積極的に参加したかは微妙だが,「マラヤ電撃戦」の島田戦車隊の隊長,島田豊作少佐は戦車に乗って実際に前線に出た佐官だね.
 当時,島田少佐は中隊長(戦車第6連隊第4中隊長).

 日本陸軍の場合,連隊長(大佐or中佐)は基本的に乗車して前線に出ている.
 あと,重見少将(戦車第2師団の戦車第6旅団長)は乗車して突入玉砕したはず.

 しかし昔と違い,無線通信技術が進歩すると,「指揮官が最前線で状況を自ら把握しなければ,ちゃんと指揮が出来ない,ということもなくなってるので」,佐官クラスが乗るような「指揮戦車」の必要性は薄れた.
 今は後方の指揮所で指揮を執るか,ちょっと後ろから指揮無線設備を積んだ装甲車で,前線部隊に追随するのが普通.

 あと,通常の戦車に無線設備を増設した指揮戦車といえども,やはり最前線で戦闘には積極的に参加はさせられない(指揮官死んじゃったらどうするんだよ,以上に自分自身が戦闘に関わってたら戦況を把握した全体指揮が出来ない)し,そうなると戦車が1台(連隊,大隊クラスだと副官が乗る副官車ってのがあるのが普通なので,2台かそれ以上になる)無駄になる.
 予備戦力としての使い路があるものの,前線に出してるのに戦闘に参加しない車両があるのはもったいない.

 そういった理由もあって,指揮官自ら戦車を駆って最前線を,ということはまずなくなった.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 戦車乗員の所持武装(拳銃,SMG等の大まかな区切りで結構です)教えていただきたいのですが.

 【回答】
 武装については,車内が狭いこともあり拳銃か短機関銃.
 狭い車内に入れておく関係上,小型にならざるを得ない.
 でもって拳銃じゃ,いざって時に不安がありまくりだから,サブマシンガンになる.
 最近だと,折り畳み式銃床の小銃だったりもする.

 ただし小銃,SMGは人数分は無いのが普通.
 車長は拳銃だろう.

 タミヤの資料集によると,4人乗りのレオパルトTで
*拳銃 4丁
*機関短銃 2丁
*自動小銃 1丁
装備されていたそうだ.

 イラクでの米軍の場合,戦車に搭載される正規の装備の他に,戦車兵個人個人で自動小銃を持ち込んでいる模様.
 M16×2丁だったと思う.

 国(イスラエル,米)によっては装填手用機銃は砲塔にマウントされてるから,ソレも外して使える.
 大概の戦車には,装備してる機銃を外して普通の機関銃として使うための三脚が積んである.
 12.7mmだから一人では持てないけれど.
 戦車を放棄するようなシチュエーションでだけど,創作ではアリかも知れない.

丼炒飯 ◆HY/YgdSbHM(黄文字部分)他 in 軍事板
青文字:加筆改修部分

▼ ※FN MAGなんかの7.62mmの機関銃を積んでる車輌もある.▲

名無し in FAQ BBS
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 M1戦車はなんで装填手乗っけてるんですか?
 あのアメリカが,自動装填装置開発できないわけないですよね.T-64だって積んでるわけだし.
 不整地や走行中の装填なら,どう見ても装填手<<自動装填装置ですよね?疲れないし,確実だし,早いし.戦車が被弾した時のこと考えても,自動装填装置なら壊れるだけだけど,人なら死んじゃいますよね.
 人命重視のアメリカとしては,装填手乗せるメリットないような気がするんですが,いかがでしょうか?

 【回答】
 そのあたりは国によって考え方が違います.
 自動装填装置にキャタピラの修理はできないが,装填手にはキャタピラの修理ができる.
 自動装填兼用多目的ロボットができれば,どの国も自動にするでしょう.ちゃんと動けば.

 基本的な整備は装填手だけでなく,乗員みんなでやるんです.
 で,一人減るということは,その分の負担が残りの乗員が負うわけで.
 実際90式なんかは大変らしいです.

 ちなみに,M1A3では自動装填装置を予定.
 遡るとMBT70でもやってる.

 しかし,米,独では小型化,砲塔無人化のためにさらに,2名にする研究をしている.
 職人級の装填手だと,少しの不整地なら,自動装填よりも素早くできる.
 要は,どっちを取るかって事.運用思想に寄るって事.

 イスラエルは停車して,周囲警戒が多いから,自動装填にはかなり懐疑的.

 余談だけど,米軍の戦車はM1がでてくるまで割と遅れてた.ずっと改修で旧式を乗り回していた.
 いつか,西ドイツと共同の新型ができるはずと思っていたけど,開発失敗.
 ガンランチャにこだわった結果,砲身の開発も遅れ気味だった.

丼炒飯 ◆HY/YgdSbHM他

マンパワー十分過ぎる戦車の例
(画像掲示板より引用)


 【質問】
 戦車兵が使うヘッドホンとマイクについて.
 ドイツ戦車兵が使っているような喉当てマイクは雑音を拾いにくい,狭い車内で邪魔になりにくいと言う長所があると聞いております.
 では,陸自が使っている,普通に口元に,ヘッドホンから伸びたマイクがある方式
(http://yamaneko-lynks.up.seesaa.net/image/0060528110.jpgより引用)
はどのような長所短所があるでしょうか?
 また,喉当てマイク方式にはどのような短所があるでしょうか?

 【回答】
 まず誤解がある.
 喉当てマイクは雑音を拾いにくいのは確かだが,戦車内の戦闘騒音の中ではやはり使いにくく,ドイツの戦車兵も会話は簡潔,かつ発音を明瞭にするようにして対処している.
 邪魔にならないと言うのも誤りで,常に首輪つけて,それも喉からズレないように心がけながら使わなければならない.

 そもそもなのだが,戦車の中でヘルメットや保護帽を被ると言うのは,頭を守る上で非常に重要.
 実際,戦車とは言わなくても,狭いところで作業とかしてみると判るよ.
 ヘルメットを被れば,頭の容積は増しているんだが,ぶつけても痛くないので,狭い所で動く時に頭をぶつけないような注意しなくて良くなる分,行動の自由度は増す.

 で,頭を保護するヘルメットや大きめの保護帽を被ると,咽頭マイクは干渉して使いにくい.
 雑音については,どっちみち拾ってしまう.
 そのため咽頭マイクを採用するより,戦車長が砲手の操作をオーバーライドしたり,次の目標は戦車長が決めておいて,現在の目標を攻撃し終わったら自動的に次の目標に砲塔が向くとか,会話が成立していなくてもスムーズに戦闘が出来る方式が採用されている.

軍事板,2009/07/15(水)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 戦車の野戦整備って,具体的に何をするんでしょうか?

 【回答】
 戦車に限らず,重機の類は動かしたら必ずオイルフィルターの清掃と各所のグリスアップが必要.それも1箇所や2箇所ではない(最近の重機は比較的メンテフリーになったが,モノによっては百ヶ所くらいあるぞ).
 まして戦車は,「壊れる為に動いてる」なんて言われるくらい無理の多いメカなので,走ってるだけで各所がイカれる.
 そして戦車の場合は,切れたキャタピラを繋いだり,エンジンの煤を取ったり,トランスミッション調整したりといった作業が加わる.
 これに加えて戦闘後は,主砲砲身を清掃したり,空薬莢捨てたり,機銃のメンテナンスしたりしなきゃならん.
 あと当然,弾薬と燃料の補給.戦場だと手回しポンプで燃料入れなきゃならなかったりする.数百リットルをね・・・.
 とても一人では出来ません.

 アメリカのM1A2エイブラムスの場合,戦闘行動時は稼動状態にもって行くのに,一日当たり25マンアワー(1マンアワーとは人間一人が1時間働く事)は最低必要と言われる.
 つまり一人でやったら,一日動かすのに丸一日整備しなきゃならんわけだ.
(あと戦車は,どうしても一人当たりの視界が狭いので,複数人数で多方向を監視するようにしないと,死角が多すぎてどうにもならない)

 一応スウェーデンのStrv103戦車(Sタンク)は,一人だけで操縦と戦闘が出来るが,これは一種の例外.
 それもただ「やろうと思えば出来る」というだけで,実際一人しか乗せずに作戦行動を行うのは無茶.


 【質問】
 乗員一名の戦車ってありますか?
 あるいは一人で全て行える戦車は.

 【回答】
 一人乗り戦車は,1925年,陸軍少佐のSir George Martel(後に陸軍中将)が自分の家のガレージで,旧式のMaxwellの自動車用,後輪用車軸をフォードのトラック用など,種々の自動車部品を使って試作した,Morris-Martel Tanketteが代表的です.
 試作品は自動車メーカーのMorrisで4両製作され,1926年3月に完成しました.
 うち,3両は一人乗りでしたが,操縦しつつ機関銃を扱うのは難しいとして,2名乗りに変更されました.

 これが後のCarden-Loydに繋がる訳ですが,Carden-Loydも
試作車(兵士の上半身剥き出し)
→Mk.I(それじゃ狙撃されるでしょ,と言うことで,乗員周りに小型防楯3枚と軽機関銃を搭載してみた)
→Mk.I改(装軌式だと速度が出ないので,左右に1輪ずつ大径の空気タイヤ付車輪と後部に1輪の操舵輪を付けてみた)
→Mk.II(ボギー式転輪をMk.Iに付けてみた)
→Mk.III(Mk.IIにMk.I改の走行装置を付けてみた)
と発展し,やっと,二人乗りの豆戦車に繋がっていきます.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 :軍事板,2004/10/13
青文字:加筆改修部分

▼ また,スウェーデンのSタンクはその気になれば一人でも操縦できなくはないが,これはかなり例外的.
 Sタンクの通常の乗員構成は,車長兼操縦手兼砲手と砲手兼操縦手と後方操縦主兼無線手兼装填手.

 逆にWW2当時,ソ連軍はT-34の乗員を4名から5名に増やした.
 4名だった頃は車長が砲手を兼ねていたが,照準していると索敵や指揮が疎かになり,索敵していると照準が出来ない,という不具合から車長と砲手を分けた.

 現代であっても,車長,砲手,操縦手にそれぞれ重要な仕事があるのは同じ.
 自動化がかなり進まないと,少なくともMTBでは兼任は難しい.

軍事板,2008/11/09(日)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 最前線へ行った戦車隊は,寝るとき戦車のなかで寝るのでしょうか?
 トイレとか着いてますか?

 【回答】
 弾の飛び交う戦闘中なら寝てる余裕なんかないので起きたまま.
 最前線でも警戒中とかではなく,ある程度の余裕があるなら,接収した民間の建物とかで寝るし,第二次世界大戦のときは,戦車に斜めにテント用の布を立てかけ張りした簡易テントを作ったり,戦車の下に塹壕掘ってそこで寝た.

 普通戦車や装甲車両内にトイレはないが,イスラエルの戦車や装甲車には簡易トイレ(災害用やキャンピングカーについてるようなやつ)が設置されているものがある.
 これは市街戦とかで長時間の警戒中,車外に出て用を足しに行ったら背後から襲われた,という事例が結構あったことから.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 戦車にはトイレはついていないんですよね?
 ウンコしたくなったら,下部脱出用ハッチをあけて,車外にウンコするって認識でいいでしょうか?

 【回答】
 戦車の中での寝泊りは通常しないので,簡単な陣地なり休息所なりを用意します.
 その際にトイレを設けるか,排便すべき場所を定めます.
 着陣している時や1日の行軍を終えて休息するときは,そこで排便をします.

 行軍中は小休止などの際に,少々離れた(ただし戦闘地域だとあまり離れると危険)ところに,穴掘って排便します(そこは歩兵と同じ).
 排便後は衛生上および防諜上の観点から穴を埋めます.

 戦闘中は便意を感じている余裕などないが,戦闘が一段落しても狙撃や砲撃による被害を防ぐために,暗くなるまで戦車の中で,便意を我慢しながら待機することも.

軍事板
青文字:加筆改修部分

 戦車ではありませんが,実用例ではイスラエルのナメル(ナメラ)歩兵戦闘車にはトイレが装備されていると言われます.
 歩兵戦闘車では,ほかにもスウェーデンのCV90や,英国のウォリアーには,ビニール袋式の簡易トイレなら搭載されているようです.
 この手の簡易トイレなら,民生品を使って臨時に搭載する例もあるでしょう.
 車両内で使用したかは知りませんが,イラク派遣時の自衛隊が買い込んでましたね.

 あとは空薬莢とかペットボトルとか,現場の工夫は色々あるようで.
 冷戦時代のNBC戦想定で,車載トイレを研究してた例もあると思うんですが,識者待ち.

◆yoOjLET6cE in 軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 よく小林源文さんの漫画で,ドイツ軍の破壊された戦車から脱出した乗員が描かれていますが,彼らは戦場にほっぽり出された後,どうするんでしょうか?
 そのまま歩兵と一緒に戦うんですか?

 【回答】
 戦車兵にかぎらず,何らかの事情で戦闘を続行できなくなった,もしくは道に迷ったり逸れたりした兵は,ひとまず後方へ下がり,原隊復帰を試みるのが基本.
 ただし,そう都合よく原隊と合流できるものでもないので,とりあえずとにかく仲間を捜すという行動に出る事が多い.
 原隊に復帰できた後は,特別な事情がない限り,以前と同じ任務に回される事になる.
 戦車兵の例であれば,戦車の操縦という特殊技能を持った人間を,不馴れな歩兵として活用しても得るものは少ないので.
 後方で補充車両をもらう,撃破された戦車を回収して修理してもらうなどがある.

 ただ,末期のドイツ軍の様に乗り換える戦車が絶望的に少なかったりすると,仕方がないから上の判断で歩兵になったり,駆逐戦車に乗ったりすることもある.
 あるいは後方で一時待機という命令が下る事も.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 何年か後には,無人戦車が戦場の主役となるの?

 今月号(2005/3)の軍事研究に載ってるが,ARV−A武装ロボット車強襲型は30ミリ砲とヘルファイヤー代替のJCMミサイル搭載でかなり無人戦車っぽい.
 しかもこれ,10年以内に実現だぜ?

 【回答】
 アメリカを含めてどこでも,「10年以内実現」は「10年以内にプロトができたらいいな」という事になる.
 そこから制御ソフトのコードでもつれたり,システムの統合化で苦労したりして,10年ぐらいして初期低率生産が始まり,その10年後に充分な数が配備される.
 ところが途中で要求仕様がころころ変更され,
「別になくてもいいような気がする」
と議員が言いだして予算が削られ,最後の段階まで来て
「現在の世界情勢と我が国の戦略目的を考えると,無人兵器は印象悪く,好ましくない」
とか言われてポシャったりする.
 バカなマスコミじゃないんだから,安い惹句に飛びつかないように.

 で,自律型についてはこれまで書かれているように,未だに短距離を移動することすらできない.
 考えてみれば
「前方に草原.手前に段差あるが,余裕でクリア.ゴー」
とか言ってる幼稚な「自律」では,水田に突っ込んでスタックするのが落ち.
 不整地を走るのが値打ちの装軌車だから,自律走行戦車は難しい.
 しかも,A地点からB地点への移動は,戦車の目的ではまったくない.
 逆に,任意の地点に強固な火点を設置できるのが戦車の目的であり,そこでは自律の必要などない.
 脅威を判別し,目標を選択し,攻撃する,あるいは攻撃しないのが主要な行動だから,「自律」などされた日にはとんでもないことになる.
 人間ですら誤った判断をふつーにするわけで,人並みの人工知能ができるまで,とても自律戦車など存在し得ない.

軍事板,2005/02/03
青文字:加筆改修部分

▼ そもそも,現代のAIの設計理論では「想定してなかったアクシデント」に対する反応が無理ってされている.
 AIをアクシデントに対応させようとすると,今度は「何がアクシデントなのか」を判断できなくなる.
 「敵戦車と思しき反応が至近にある」と,「周囲の温度が上昇している」は,プログラムにとって全く等価な情報だから,プログラマが前者がやばいと教えてやる必要がある訳だが,実際に現実に起こりうる全ての事象に対して,トリガーインシデントを色分けするのは不可能だし無意味.
 人間なら自分で判断できるし,不要な情報は「どんぶり勘定」という便利な道具で無視できるけど,プログラムにはそれができないから,適当かつ適切にイメージで判断する事が非常に苦手なわけ.

 一応,ファジィ・プロセッサの研究は進んでいるのだが,現行のそれは「ファジィ命令を処理する」,すなわち人間が
「これはファジィな項目だぞ.こうやって処理しろよ」
と,あらかじめ定義したものを処理しているにすぎない.

軍事板,2008/11/09(日)
青文字:加筆改修部分

 さて,遠隔操縦型だが,戦車じゃないけど,ユタの大学では今これくらいは出来るようになっている.
(DARPAの肝煎で資金が出ているので)
http://eksl.cs.umass.edu/robotics_workshop/cds/XM307-XUV-Product-Overview.wmv
 無人でパトロール.
 搭載兵器の照準は遠隔操作.

 ただし,現在既にUAV(主に偵察)が何機か飛ぶと,通信帯域が混んできて優先順位を決めるアルゴリズムが必要,とか言われてきている.
 アメリカのドクトリンはネットワーク依存にどんどん移行しており,通信帯域は弾薬や燃料同様,貴重な資産に なっている.
 試験的な遠隔操縦戦車一台動かすならともかく,画像やセンサー情報で帯域食う,しかも時間遅れなく反応する必要がある優先順位高い通信が何十台も同じ区域で動いた日には,万能の米軍と言えども「人多過ぎ」状態で身動きが取れなくなる.
 UAV,UCAVの行動も制限されそう.
 そこに兵士同士のネットワークも押し込まないといけないわけだ.

 無人戦車は,得られる利益に対して払う代償が,(開発費=そのためにあきらめる別のシステムの含め)大きすぎるだろう.
 システムのごく一部に過ぎない戦車の,それもM1A1で十分無敵状態である状態で,そんな代償を払うことは誰も望まないだろう.少なくとも今は.

 有線誘導については言うまでもない.
 ちょっと離して置いたATGM発射機や,それにマシンガン付けたもの,程度にしかならない.
 不整地でどこまで動かせるかも大きな問題だし,数ブロックの待ち伏せ用,待ち伏せ予防用として使える程度のものにしかならない.
 無人戦車と言えるものにはならない.
 いいとこ,移動式クレイモア?

軍事板,2005/02/03
青文字:加筆改修部分



 【質問】
 人間はその場でそのアクシデントを「解析」し,「分析」し,「対応を考え」て,「対処」することができるじゃない(人によっては)
 それをコンピュータができないのは,処理能力不足のせいじゃないの?

 【回答】
 困ったことに,その判断は意外にいい加減だったりする.
 実際,たまに間違えるでしょ?
 現在のコンピュータは論理の化け物.
 曖昧な処理は苦手で,理論背景となるべき数学も,曖昧さを扱うと難解.

 楽観的なAI技術者は,計算機の処理能力や理論面での進歩が飛躍的だという点から,90年代までには人間レベルのAIも何とかなると予測していたし,実際コンピュータの性能は20年で1万倍ぐらいにはなったんだが,まあ結果は見ての通り.

 人間が「想定してないアクシデント」に「例は違うけど,過去にも遭遇したことがある」というだけでさえ,その後の対応や対策を即座に思いつけるかどうかがかなり変わって来るしね.
 過去の無数の蓄積された「直接関係ない情報」から,どうにかして使える情報だけ集めてきて,なんとか対応策を構築することができるのが人間.

<例>
「あ,メモ帳が無い!」→「てか,書ければ本の表紙でも自分の手でも何でもいいじゃん」
「ペンとかが無い!」→「文字が書ければ,ペンでなくても炭でも口紅でもいいじゃん」
「荷物作りするのにロープが足りない!」→「まてよ,延長コードでもLANケーブルでも紐状なら使えるじゃん」
「入力したい漢字があるんだが,変換候補に無い!」→「そうだ,読みや意味の方でぐぐって,漢字をみつけて,コピーアンドペースト,ついでに辞書登録しとけばいいんだ」
(自分の場合,鏖という漢字が無かったんで”みなごろし”でぐぐって見つけてきたことがある)


488 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 14:08:27 ID:???

 そこでファティマ(FSS)の登場ですよ!

軍事板,2008/11/09(日)
青文字:加筆改修部分

 この議論は派生議論スレで続きやってたけど,
・人間がそうやって対処できるのは人生で作ってきたデータベースを持ってるから.
・生物はボトムアップで処理してるらしい.コンピューターはトップダウンで効率的に処理し得してる.
コンピューターでボトムアップのプログラム組んだら昆虫ぐらいの事はできた.
・人間の脳細胞の数を考えると,一万倍ぐらいじゃ情報処理能力足りないじゃないの?
・将来的にはコンピューターは,能力向上で人間並になる.
・理論を示せ? 無限のリソースを使っていいなら,人間の脳をコンピューターでシミュレーションすれば解決.

みたいな結論になりました.

hiiragi in 「軍事板常見問題 mixi別館」,2010年01月03日 19:56

「無人くん」
faq25f18w.jpg
faq25f18w02.jpg
(画像掲示板より引用.原出典はNHKの番組?)


 【質問】
 ニュースでアメリカのキャタピラ式のロボットが出ていましたが,射撃などは人間よりも命中率が高そうに見えました.
 部分的にはロボ>人間という捉え方でいでしょうか? 
 それとも,まだ人間兵士と比較するのは変でしょうか?

 【回答】
 あれは射撃は遠隔操作ですよ.
 ユタ大+GDの自律ロボット車輌でも,射撃は遠隔操作です.
XM307搭載無人偵察車輌
 野山を敵を追って駆け回るのは当分無理にしても,都市部のパトロールくらいなら近年中に目処が付くでしょう.


目次へ

「兵器別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

inserted by FC2 system