c

「第二次大戦別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆◆◆ハンガリー軍総記 Magyar erő
<◆◆◆◆ハンガリー Magyarország
<◆◆◆東欧諸国 Kelet-Európa
<◆◆総記
<◆大西洋・地中海方面 目次
<WW2 FAQ

戦没者追悼カード

こちらより引用)


 【link】

A Magyar Királyi Honvéd Haditechnikai Intézettõl a HM Technológiai Hivatalig 1920–2005(pdf,洪語)

Hermanos Kiadó
 出版物多数

REGIA MILITIA HUNGARORUM(洪語)

The Kingdom of Hungary in World War II


 【質問】
 トリアノン条約による軍備制限を,ハンガリーは遵守していたの?

 【回答】
 少なくともベトレン内閣時代は守ってた筈.
 それで軍部の反感を買ってたから.

 時代が下がると,秘密裏に「軍備管理委員会」を立ち上げ,再軍備のための準備を図るようになる.
 その辺の構図はドイツと同じ.
 準備にはドイツやイタリアも協力したそうだ.

 ただ,
ポロンスキの本によれば,ハンガリーの軍需生産は三つか四つの工場に集中してて,連合国による監視の目を逃れるのが難しかったそうな.

▼ なお,
高川邦子『ハンガリー公使大久保利隆が見た三国同盟』(芙蓉書房出版,2015), p.64
によれば,ハンガリーでは第一次大戦後,通貨下落が続いたため,1924年に「トリアノン条約を順守すること」を条件として,国際連盟から国際借款を認められたという.

 であれば,露骨な条約違反行為は行い難かったに違いない.

軍事板,2009/11/20(金)
青文字:加筆改修部分

▼ 1938年初頭,いわゆるジュール計画によって2年の間に実に国家予算の約1.5倍の支出がなされましたが,主力火器は同盟国のものが大半でした.
 なかでもイタリア製の小型戦闘車アンサルドはその貧弱な外観で有名です.
 なにか子供がのるゴーカートを少しだけ大きくしたような代物で,対歩兵以外は役にたたなかったでしょう.

ABC : 世界史板,2002/02/20
青文字:加筆改修部分


 【質問 kérdés】
 第二次大戦ハンガリーの指揮系統は?
Milyen az szolgálati út volt a második világháború Magyarországon?

 【回答 válasz】
 「国王のいない王国」として「ウソのようなホントの話」ネタでも常連の感のある,第二次大戦当時のハンガリー王国は,国王ではなく摂政最高会議がトップにあり,その下に軍事部門としての参謀本部と,行政部門としての内閣が並列に存在していた.
 ただし,内閣は最高国防会議を設置し,また,国防相の任免権も内閣にあるので,組織上,参謀本部が内閣を無視できるようにはなっていない.
 また,内務省の下には憲兵隊 Csendőrség があり,再軍備宣言前には国防軍よりも強力だった.
 オーストリア=ハンガリー憲兵隊の歴史は19世紀に遡り,面白いテーマではあるのだが,それはまた別の話.

 参謀本部の下には
・陸軍
・空軍
・河川部隊 Magyar Királyi Honvéd Folyami Erők
・国境警備隊
の4軍があった.

 第二次大戦勃発時の軍参謀総長はヴェルト・ヘンリク Werth Henrik 大将.
 親独派だったが独ソ戦緒戦での大損害の責任を取らされて退役.
 後任には,カルパチア軍集団を率いていたソンバトヘイ・フェレンツ Szombathelyi Ferenc 大将が任命された.

 ヴェルトはドイツによるハンガリー占領後の1944年9月,ゲシュタポにより逮捕.
 1945年2月には今度はソ連のスメルシュによって逮捕され,ソ連に連行されて1948年に禁固25年を言い渡され,1952年,強制収容所で死去.

 ソンバトヘイは戦後逮捕されて,ハンガリー人民裁判所により禁固10年を言い渡された後,ユーゴスラビア当局に引き渡され,同国内での戦争犯罪に対して死刑を言い渡され,1946年11月絞首刑となった.
 ハンガリー最高裁によって彼の無罪が認定されたのは,冷戦後の1994年のことである.

 【参考ページ】
http://www.niehorster.org/015_hungary/_high-command.html
http://korok.webnode.hu/products/a-magyarorszagi-csendorseg-tortenete-1881-19451/
http://lemil.blog.hu/2015/11/05/csendorseg_i_volt_egyszer_egy_vadkelet?token=0026750d2699ee9c095c74a9e266a468
http://nagyhaboru.blog.hu/2012/05/30/a_nagy_haboru_werth_henrik_szemevel
http://www.bibl.u-szeged.hu/bibl/mil/ww2/who/werth.html
http://mult-kor.hu/cikk.php?id=15358
http://www.bibl.u-szeged.hu/bibl/mil/ww2/who/szombathelyi.html

国家首脳部の組織系統
(こちらより引用)

将軍(左)と参謀の大佐(中央)と歩兵(右)
将軍はピケ帽を被っている
(『The Royal Hungarian Army in WW2』より)

ヴェルト・ヘンリク伝記

ソンバトヘイ・フェレンツ肖像写真
こちらより引用)

mixi, 2017.2.18


 【質問 kérdés】
 第二次大戦ハンガリー軍には,どんな階級があったの?
Milyen Honvédségi rendfokozatok voltak a második világháborúban?

 【回答 válasz】
 おおよそ以下の通り.
 ただし,水軍の下士官以下の階級については,google検索レベルでは調べがつかなかった.
 ただし,水軍の下士官以下の階級略記については,google検索レベルでは調べがつかなかった.

陸軍&空軍 水軍 1939.1.1~1944.6.30
(1944.7.1~1945.5.8は陸軍と統一)
仮訳 
略記 階級名 略記 階級名
Vtbgy. Vezértábornagy    - — - 上級大将
Tbgy. Tábornagy - - 大将 
Vezds. Vezérezredes - — - 中将
Altbgy. Altábornagy Vfőkap.    Vezérfőkapitány    少将
Vőrgy. Vezérőrnagy Vkap. Vezérkapitány 准将
Ezds. Ezredes Főtkap. Főtörzskapitány 大佐
Alez(ds).    Alezredes Tkap. Törzskapitány 中佐
Őrgy. Őrnagy Talkap. Törzsalkapitány 少佐
Szds. Százados Kap. Kapitány 大尉
  Főhadnagy-helyettes Főhajónagy-helyettes 大尉代理
Fhdgy. Fohadnagy Fhjgy. Fő hajónagy 中尉
  Hadnagy-helyettes Hajónagy-helyettes 中尉代理
Hdgy. Hadnagy Hjgy. Hajónagy 少尉
  Zászlós-helyettes Folyami-Zászlós-helyettes 少尉代理
Ftzls. Főtörzszászlós  — - — - 一等准尉
Tzls. Törzszászlós  — - — - 二等准尉 
Zls. Zászlós    Zászlós 三等准尉
Ftőrm Főtörzsőrmester    Tiszthelyettes 上級曹長
Tőrm. Törzsőrmester   Törzshajómester 曹長
Őrm. Őrmester    Hajómester 軍曹
Szkv. Szakaszvezető    Negyedes 伍長
Tiz. Tizedes    Rajos 兵長
Őrv. Őrvezető     Osztályos 一等兵
Hv. Honvéd    Folyamőr 二等兵
 ※の階級は,1943.3.15~1944.10.30まで存在した臨時的なもの.
 戦争中,多くの下士官が適切な階級のないまま,士官相当の任務に就いていたため,その現状を追認する目的で新設された.
▼ 能力がある場合,対応する士官に昇進できた.
 つまり,准少尉なら少尉に,准大尉なら大尉へ昇進することができた.▲

 【参考ページ】
http://www.niehorster.org/015_hungary/ranks.htm
http://live.warthunder.com/post/382966/en/
http://live.warthunder.com/post/403107/en/
http://live.warthunder.com/post/404698/en/

画像左は戦車搭乗員の二等兵
39.Mヘルメットと革製の35.M戦車服を着用
画像中央はカルパソマーニョシュの一等兵
画像右はZászlós-helyettes(准少尉)
突撃砲兵の記章をつけている

(『The Royal Hungarian Army in WW2』より)

mixi, 2017.2.20
改修, 2017.3.11


 【質問】
 第二次大戦ハンガリー軍の記章について教えてください.
Kérem, mondja meg a masodik világháború alatt Honvédségnek hajtókájákot.

 【回答】
▼ まず襟章だが,▲この画像
上段:元帥,一般,中将,少将,大佐(戦車科?),中佐(補給科)
中段: 少佐(歩兵科),大尉(参謀),中尉(軽騎兵),中尉(参謀付),士官候補生(歩兵科),NCO(砲兵科)
下段:軍曹(歩兵科),上級軍曹(歩兵科),軍曹(歩兵科),軍曹(歩兵科),伍長(歩兵科),PFC(歩兵科),兵卒(歩兵)
(こちらより引用)

▼ また,こちらの画像は,階級と襟章の対応表.
(1.12MB,こちらより引用)
 襟章の基本色は,将軍以外は兵科ごとに異なっていた.
 例えば砲兵は緋色.
 空軍の技術士官や整備員はチェリーレッド.
 空軍参謀本部要員は緋色の縁取りのついた黒,といった具合.
 なお,階級章の縁取りは,敵の狙撃兵が階級を識別することを困難にするため,野戦服では外された.

 対応表右端の三角形のものは,それぞれTovábbszolgáló háromszög,Hivatásos háromszög と呼び,左腕の袖に着けられた.
 前者は予備役兵士,後者は現役の兵士の印.
 これも基本色や縁取りは兵科に依存するが,茶色の縞入りの銀のほうは変化なかった.▲

▼ こちらの画像は,コートの袖の階級章.
こちらより引用)
 このコートは,陸軍と水軍で使われたが,陸軍のほうにだけ袖に階級章が着いた.
 また,兵卒,将校,将軍との間とでは,若干の形状の違いがあった.
・ボタン:兵卒は茶,下士官は銀,将校以上は金
・ボーダー柄:将校には兵科に応じた色の柄.将軍には赤い柄.
・将軍のコートのみ,内側が赤.上から2つまでのボタンを外してコートを着ることが許されていた.
 それ以外は首までボタンを留めねばならなかった.
・将校以上は,首回りをファーの襟にすることを許可されていた.
・将軍とその幕僚またはWOの将校の襟はベルベット素材.それ以外はコートと同じ素材の襟.
・幕僚のコートのみ,コートと同じ素材から作られたショルダー・ストラップが着く
・将軍のみコートの襟に,赤布にオークとローレルの小枝の刺繍のある襟章がついた.
 これは1940年にいったん廃止されたが,1943年に元に戻された.
・どのコートの襟にも ボタンのついた "speardheads" があったが,WOには1943年以降,ボタンがなかった.
 また,どのコートにも前面に6対のボタンがついた一方,裏側には背面側にコートをスリップするためのボタン2がついていた.

 なお,コートを戦闘時に着用するときは,コートの上からベルトを回すことが許可されていたが,儀典の時には不可だった.
 また,左ポケットの内側には切れ目があり,短剣をそこから引っ張り出すことができたので,短剣はコート下に帯剣された.
 極端に寒い時には,内側に布製のケープ・ライニングを追加することができた.
 戦場では兵科色は "speardheads" であることが普通だったという.▲

▼ 1943.3.15~1944.10.30の間,少尉代理~大尉代理という補助階級が定められたが,それらの記章はこの画像のように定められていた.
こちらより引用 なお,画像は写真ではなく復元画像)
 空軍の階級章に黄色/金色のV字が載っていたのはパイロットのみ.
 航空機搭乗員以外の者はアルミニウム/銀のV字だった.
 尉官階級では,両者は異なる色のストライプを肩に着けていた.
 少尉は,金色の撚糸の入った黄色いストライプ.
 少尉代理は,アルミニウムの撚糸の入った白いストライプ.
 中尉以上は金のストライプ
 中尉代理以上は,チェリー・レッドの絹の撚糸の入った,アルミの撚糸でできたストライプ.
 こういった僅かな違いを除けば,尉官代理は尉官と同じ制服を着ていた.▲

 ちなみに,こちらはオーストリア=ハンガリー軍の襟章.
こちらより引用)

 共通点もいくつかあって興味深い.

▼ 一方,胸ポケットには,主として1942-43年頃,このような徽章がついた.
こちらより引用)
 左上から右下への順に,

・対空自走砲部隊:
 「翼の生えたニムロード」を,ニムロード自走砲乗員が着用した.
 ニムロード自走砲乗員も砲兵科に属していたため,記章は赤い布の背景の上につけられた.

・空挺部隊:
 交差したサーベルとパラシュート,翼のある髑髏をかたどっている.
 背景布は緑.

・オートバイ偵察部隊:
 有翼のオートバイ.
 背景布は青.

・装甲列車部隊
 有翼の装甲列車.
 装甲列車4編成の内,1つの車列の兵士が着用.
 背景布は青.

・装甲車部隊:
 有翼のチャバ装甲車.
 装甲騎兵部隊のチャバ乗員が着用.
 この部隊は偵察が主任務だったため,この徽章は「偵察徽章」と呼ばれることも.
 背景布は青.

・対戦車砲部隊:
 有翼の40.M対戦車砲.
 対戦車砲部隊の将兵が着用.
 背景布は赤.

・突撃工兵
 交差した銃剣,手榴弾,有翼の髑髏.
 背景布は濃緑色

・自動車化歩兵
 有翼のトラック.
 背景布は青

・装甲車輌
 有翼のトゥラン戦車
 背景布は青

・突撃砲
 砲身,球形砲丸付きの込め矢,有翼の髑髏.
 突撃砲兵は砲兵科に属したため,背景色は赤

・国境警備隊
 伝説の鳥,トゥルル鳥が葉で蔽われている形.
 将兵の兵科(歩兵,自転車orオートバイ,砲兵)に応じ,緑,青または赤の布が背景

・戦場特派員
 松明に有翼の剣
 背景色は緑

・軍楽隊
 竪琴.
 1941年までは,陸軍軍楽隊は制服の左袖に徽章を着けた.
 それ以降は,襟にある階級章に徽章が着いた.
 空軍軍楽隊は右胸ポケット上に着用.
 水軍軍楽隊は左袖に着用した.▲

 なお,19世紀のフッサールは連隊毎に襟章の背景色が異なっていたそうだが,第二次大戦ハンガリー軍においてもそのようなシステムになっていたかどうかは,資料不足のため,現段階では不明.

 【参考ページ】
http://www.roncskutatas.hu/node/5733
http://live.warthunder.com/post/391191/en/
http://live.warthunder.com/post/403107/en/

mixi, 2017.1.21
2017.2.27追記
2017.3.13追記&削除
2017.3.15追記


 【質問 kérdés】
 第二次大戦ハンガリー軍の飾緒はどんなもの?
Milyen honvédség aiguillettéje volt a II. világháborúban?

 【回答 válasz】
 飾緒とは,軍服の肩から吊る,金銀モールの垂れ飾りのことである.
 飾緒は陸軍のどの兵科でも使われていた.
 その色は,1926年まではチェリー・レッド,それ以降はグラス・グリーンだった.
 正式には兵科色と同じであるはずだったが,実現しなかった.

 狙撃飾緒には2つの"タイプ"と"級"とがあった.
 狙撃手と狙撃兵 Mesterlövész とである.
(ただし,ハンガリー軍では狙撃兵による部隊は編成されず,また,適した狙撃用ライフルもなかった.
 ハンガリー軍にはライフルに取り付け可能なスコープはあったが,このスコープはライフルのボルトを塞ぐため,再装填が非常に困難または不可能だった.
 ハンガリー軍に"狙撃兵"が何人かいたことが知られているが,彼らは平均的な狙撃銃を使っていた.
 例えば,ドイツ製スナイパー・スコープつきのK98カービン銃等.
 しかし彼らは,狙撃の訓練を受けていなかったので,将校や機関銃手狙撃のような任務に投じられることはなかった)

 両者の飾緒の違いは編組であり,狙撃兵の飾緒の編組は,金色の金属のスレッドで作られていた.
(正式には銀のスレッドで作られねばならないことになっていたが,実行されなかった)

・狙撃手の飾緒:上部の房が一つある.
 狙撃手は拳銃またはライフル射撃の試験で資格取得することができ,3年間この飾緒を着用することができた.

・軽機関銃手の飾緒:上部の房が2つある.
 軽機関銃手は軽機関銃試験でのみ資格取得することができ,3年間この飾緒を着用することができた.

・機関銃手の飾緒:上部の房が3つある.
 機関銃手は機関銃試験でのみ資格取得することができ,3年間この飾緒を着用することができた.

 狙撃飾緒は憲兵隊で使われたが,狙撃兵用の装飾ではなく,識別するものとして使われた.
 憲兵隊ではこれに笛をつけた.

 【参考ページ Referencia Oldal】
https://t.co/ABLsso0w0u
http://live.warthunder.com/post/392979/en/

ハンガリー軍の飾緒
こちらより引用)

mixi, 2017.3.28


 【質問 kérdés】
 第二次大戦ハンガリー軍のベルトは?
Milyen övek voltok a magyar Honvédség a masodik világháborúban?

 【回答 válasz】
志願兵ベルト
 陸海水軍の兵士・下士官・JNCOが着用.
 ただし,正装時を除く.
 バックルにはプロング(ベルト穴に通す針状の留め金)が1本.


将校ベルト
 陸海水軍の准士官,将校,将軍が着用.
 ただし,正装時を除く.
 バックルは金色で,プロングは2本.
 1941年までは将校はサム・ブラウン・ベルト(Sam Browne belt,右肩の革ひもによって支えられている革のベルト)をつけていたが,その後廃止.
 バルバロッサ作戦期間中,将校ベルトだけが着用された.

 他に騎兵ベルト,空軍ベルト,水兵ベルトなどがあるが,それぞれ別項を参照されたし.

 【参考ページ Referencia Oldal】
http://live.warthunder.com/post/409199/en/

2017.4.17


 【質問】
 第二次大戦ハンガリーの化学兵器について簡単に教えてください.

 【回答】
 第一次大戦後,トリアノン条約により軍備を大きく制限されたハンガリーだったが,1925年から秘密裏に研究を開始し,1928年にはブダペシュトにガス実験室を設置した.
 なぜなら周辺国,チェコスロヴァキアやルーマニアは1920年後半の時点で,いずれも毒ガス生産プラントを持っており,チェコスロヴァキアは日本に毒ガス30tを輸出していたほどだったからだ.
 対抗手段をハンガリーも持たねばならない.

 1934年には化学部会秘密会談代表団をイタリアに送り,同国の援助を受けて1936年初めには軍指導部は,ガスの生産と研究の拠点となる施設の建設案を作成した.
 財務省は「高地ドイツ語話者のための教会の建設」という名目を与え,工場はチェペル Csepel の街に建設され,1940年には生産を開始した.
 10.5cm化学砲弾の他,航空用化学爆弾や化学手榴弾.
 弾体はマンフレード・ヴァイスなどの工場で作られ,「教会」は,それらにマスタード・ガスを充填する役割を担っていた.

 1941.5.30の時点で,編制上は各軍団は化学戦部隊1個中隊を持っていた.
 毒ガス生産は戦時中も続けられたが,結局,敵による報復攻撃を恐れて使用することは無く,化学戦部隊は専ら除染や火炎放射攻撃に従事したという.

 なお,例によって誤訳御免.

 【参考ページ】
http://epa.oszk.hu/00000/00018/00002/pdf/04kovacs.pdf
http://www.zmne.hu/tanszekek/vegyi/docs/fiatkut/gazv1914.htm
http://live.warthunder.com/post/477774/en/
http://www.niehorster.org/015_hungary/41-huba-2/_army.htm
http://live.warthunder.com/post/376256/en/

第101化学戦大隊所属のCV-35
faq170206cv.jpg
faq170206cv2.jpg
faq170206cv4.jpg
第2中隊だけがガス噴霧用のタンケッテを持っていたが,その数は不明
国籍エンブレムの形状により,1940年以前の撮影と分かる
こちらおよびこちらより引用)

煙幕 füstfüggöny を張るハンガリー軍のCV-35
化学細菌戦部隊所属
こちらより引用)

革製の化学防護服とフードを着た化学戦部隊の兵士
(こちらより引用)

36.M 耐酸革手袋 saválló kesztyű
化学戦部隊の防護服用
こちらより引用)

mixi, 2017.2.6


 【質問】
 第二次大戦ハンガリー軍の少数民族出身兵士について教えてください.

 【回答】
 21世紀のハンガリーからはちょっと想像し辛いが,第一次大戦後のトリアノン条約で解体されるまでは,ハンガリーは多民族国家だった.
 スロヴァキア人,クロアチア人,ルーマニア人,その他様々な少数民族がいた.
 トリアノン条約によって,非マジャル人のほうが多い地域はたいていが独立したり,他国の一部になったりしたが,だからといってきれいさっぱり少数民族がいなくなったわけでは勿論ない.
 加えて,ヒトラー陣営にハンガリーが与すると,ヒトラーは昔はハンガリー領だった地域を一部ハンガリーに戻してくれたので,それら地域の非マジャル人は「新興独立国家の主要民族」から「ハンガリーの少数民族」に逆戻りしたりした.

 第二次大戦が始まると,大して人口が多いわけでもないハンガリーでは,当然のことのように彼ら少数民族も徴兵の対象となった.
 大戦勃発直前,ハンガリー陸軍では一線級師団でさえ多くが基幹人員のみの状態だったので,大幅な増員が必要だった.
 3個軍ある中で,開戦当時の装備最優秀部隊だった第2軍でさえ,20%が少数民族出身兵士となった.

 これは深刻な問題をもたらした.
 彼ら少数民族出身兵士の多くがハンガリー語を話すことができず,一方,マジャル人下士官には少数民族言語に精通した者など殆どいなかったので,意思疎通に齟齬を来した.
 また,どこの国でも殆どそうだが,教育は主にその国の主要言語で行われることから,必然的に少数民族は教育でも不利な環境に置かれる.
 よってこれら少数民族出身兵士の教育水準も低く,それは当然ながら兵器操作・戦術理解など様々な場面で悪影響を与えた.

 その上,戦況も悪化の一途.
 そんな環境にあって,彼らのような兵士の士気が高くなろうはずがない.
 「名誉ハンガリー人」としてハンガリー軍に属して戦ったロシア人やウクライナ人,ポーランド人などの義勇兵のほうが戦意があったくらいだ.

 士気の低い彼らを軍は引き締めにかかる.
 すると彼らの中から脱走兵が相次いだ.
 国民意識の薄い人々が,その国家のために命を張ってくれると思うほうが本来おかしいのだが,しかしそんな正論では軍が成り立たない.

 そこでハンガリー軍上層部は,対策をとることにした.
 彼らのとった方法は,「兵士の家族を人質に取る」というものだった.
 すなわち,脱走した兵士がいれば,その兵士の家族に対して,
・従軍手当の即時停止
・拘留
・スラブ系民族出身兵士の脱走者の家族はロシアに強制送還
・財産没収
などの措置をとった.

 これらは脱走防止に効果があったのか,どうなのか.
 少なくとも,ブダペシュトが包囲されたころには効果が薄くなっていたことは確かだ.
 政府が瓦解し始め,マジャル人兵士にさえ脱走者が増えていたからだ.

 戦後,政治体制が大きく変わった東欧諸国の中にあって,彼ら少数民族「元ハンガリー軍兵士」や「元名誉ハンガリー人兵士」の運命が気になるところだが,筆者にそれを知るすべはない.

 【参考ページ】
南塚信吾『図説 ハンガリーの歴史』(河出書房新社,2012)
http://napitortenelmiforras.blog.hu/2016/01/07/_a_nemzetisegiek_most_mar_magyarok_csak_eppen_mas_nyelven_beszelnek_nemzetisegiek_a_magyar_kiralyi_h
http://napitortenelmiforras.blog.hu/2016/01/12/_a_magyar_nyelvet_elsajatitani_sem_tudjak_nemzetisegiek_a_magyar_kiralyi_honvedsegben_ii
http://napitortenelmiforras.blog.hu/2016/01/20/_keszen_all_arra_hogy_minden_magyar_erdeket_szabotaljon_nemzetisegiek_a_magyar_kiralyi_honvedsegben_
http://napitortenelmiforras.blog.hu/2016/08/08/_tiszteletbeli_magyarok_ruszki_pista_az_eletmento_lengyel_huszar_es_vaszil_az_idegenlegios

mixi, 2017.1.14


 【質問】
 ロシアやユーゴスラビアでは,ハンガリー軍はけっこう野蛮なことを仕出かしたようですな・・.

 【回答】
 ですね.木々のざわめきに恐れを為して…と言う所でしょうか.

 例えば,北ジーベンビュルゲンのオルドクトでは,1940年9月9日に,進駐してきたマジャル軍兵士に対して,ルーマニア人司祭が教会の塔から発砲し,4名が負傷.
 それに対し,マジャル軍は歩兵部隊を投入,村とその教会を攻撃し,死者68名,負傷者195名の惨事を起こしたり,イプでは,自分が持っていた手榴弾が爆発し,マジャル軍兵士2名が死亡したのを奇襲と司令部が判断した為,9月14日に第32歩兵連隊が村の一斉手入れを敢行,死者152名.

 …なにをか況やですな.

 ジーベンビュルゲン=エルデイ=トランシルバニアは元々ハンガリー領だっただけに,余計に過剰な反応をしてる感じですね.

 ブリヤンスクの森の南方地域では,1941年11月~43年5月まで,マジャル陸軍の三個師団が占領下に置いており,若干のドイツ軍部隊が協力していました.
 しかし,不十分な武装と不足した人員では,占領地を維持することが出来ず,Partisanの活動を抑え切れないと判断したマジャル軍は,大量報復措置と「死のゾーン」設置を実施し,1942年夏までに約3万人のPartisanと,その疑いのある者を殺害しています.

 ちなみに,Partisanの損害とマジャル軍損害の比率は,10:1から15:1だったようです.
 これは戦後に多数のマジャル軍兵士の訴追,死刑に繋がってきますが,その責任者,ボガニ・カロリ将軍は,その責任を免れ,ソ連もその引渡要求を断念しています.

 また,1943年にはUkraineのドロシチで,ユダヤ人労役従事者用の病院や,第105,107病院に放火し,入院患者の焼死なんて事もしているようです.

 一方,逆にマジャル国内に戦闘が移ると,逆にルーマニアや,ユーゴ,ソ連軍の暴行の嵐が吹き荒れた訳ですが.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 & ギシュクラ・ヤーノシュ ◆5i6wQS3C8w(黄文字部分) : 軍事板,2003/12/09~12/21
青文字:加筆改修部分


目次へ

「第二次大戦別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

inserted by FC2 system